インターネットの普及、価値観の多様化、ウィズコロナ、アフターコロナなど、さまざまな要因によって営業のDX化推進が求められています。この流れは不可逆的なので、企業規模を問わず営業スタイルの変革は避けられないでしょう。そこで本記事では、営業のDXを実現する方法や、DX化によって得られるメリットについて詳しく解説していきます。

営業のDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

営業のDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

営業部門のDXとは、デジタルチャネルやツールを活用して自社の営業プロセスを最適化することです。インターネットの普及や新型コロナウイルス感染症の影響などによって、「足で稼ぐ」タイプの営業は終焉を迎えつつあると判断していいでしょう。


今後は顧客情報や活動履歴のデータ化による社内ナレッジの蓄積と、企業として顧客に向き合う姿勢が収益を左右するようになります。

営業におけるDXの必要性

営業におけるDXの必要性

対面営業が主体の現場に、DX導入が必要になる具体的な理由は次の2つです。

営業パーソンの能力差が収益に影響している企業は、パフォーマンスを維持できません。人材の流動性が高まっている近年で求められているのは、個人のポテンシャルに依存するのではなく、営業パーソンが高いパフォーマンスを発揮できる環境です。企業にとっては、従来の営業スタイルそのものが大きなリスクになっていると言ってもいいでしょう。

コスト削減が急務となっている現状では、非効率的な部分を削ぎ落しながら労働時間を増やさず成果を上げていく必要があります。しかし、従来のように勘や経験に頼った営業方法では、移動時間と交通費だけが無駄になり、目立った成果は得られないという「リソースの無駄遣い」が頻繁に起こります。

営業のDXを実現し、生産性向上と業務効率化する方法

営業のDXを実現し、生産性向上と業務効率化する方法

営業のDXに役立つITツールを「セールステック」と呼びますが、決して「セールステックの導入=DX化」ではありません。営業のDX成功につながる大きな鍵は「セールステックの活用」です。セールステック導入は手段にすぎません。最終的な目的は、あくまでも自社の競争力強化です。


そのため、営業ITツールの扱いになれていない企業は、シンプルなツールを導入して業務効率化を推進しながら、営業パーソンのITスキルも高めなければいけません。中長期的な成果につなげるためには、組織や営業プロセスの抜本的な改革も必要になるでしょう。

中小企業の営業DXにも最適なSFA「Sugar Spot」

中小企業の営業DXにも最適なSFA「Sugar Spot」

Sugar Spot」は、シンプルな操作性で営業のDXを実現させるITツールです。営業のDX化に欠かせないツールの代表格ともいえるSFA(営業支援システム)ですが、多くのツールは操作が複雑で導入後の定着率が低いという課題がありました。


しかし、「Sugar Spot」はシンプルな操作性で日報入力や情報検索にも手間がかからないので、営業パーソンのスキルを問わず導入直後から使いこなすことが可能です。また、すべての営業パーソンが時間や場所を問わず可視化・一元化された各種情報にアクセスできるため、限られたリソースで最大限の成果を上げられるようになります。

まとめ

営業のDXを実現させるためには、ITツールの積極的な活用による情報の一元化と戦略目標の共有が欠かせません。それと同時に、社会情勢や市場の動向に合わせた営業プロセスの再構築も必要です。


使いやすいツールを導入して定着率を高め、営業パーソンの意識改革をすることによって中長期的なDX推進を目指すのは王道とも言えるでしょう。


営業のDX化を推進している中小企業は、この機会に、扱いやすさで定着率と営業パーソンのITスキルを高める「Sugar Spot」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事  ⇒  SFA(営業支援システム)導入で失敗しないためには?
              ⇒  SFA比較19選