SlimTime

営業の要望で生まれたSFA
Sugar Spotバナナ
(営業ツール)

営業先でお悩みありませんか?

悩む営業パーソン

顔を見ても名前が思い出せない・・・

前に何を話したか覚えていない・・・

案件は逃さず商談成立させたい・・・

営業ツール「Sugar Spot」で解決!

営業力強化

営業力強化

信頼は営業実績の土台です。
お客様の特徴や状況を把握していなければ、信頼は一瞬で崩れることもあり得ます。
営業先に入る直前1分で、どんなお客様だったか、前回どんな話をしたかを確認してから商談に臨めます。

簡単操作

簡単操作

営業先での直前情報確認はスマートフォンで、毎日の面談記録の入力はパソコンで、簡単に行えます。

案件管理

案件管理

Sugar Spotであれば、進行中の案件だけをピックアップして状況を確認・管理するだけではなく、訪問直前にスマートフォンで確認事項を再確認でき、進行中案件をとりこぼすことはありません。

名刺登録代行

名刺登録代行

名刺の登録はスマートフォンから送信するだけ。
弊社で登録代行できます。

手頃な価格

手頃な価格

営業支援ツールはいろいろありありますが、複雑で使いこなせない機能が盛りだくさんなものはお金の無駄遣いになります。
Sugar Spotは本当に必要な機能を手頃な価格で提供します。

モバイル画面

モバイル営業支援1

ワンタッチ検索

訪問施設に入る前にワンタッチで施設情報や訪問施設の顧客情報を確認できます。

もちろん近場の施設情報だけを検索や、遠方の施設でも簡単に情報検索が可能です。

モバイル営業支援2

人物情報、名刺、面談情報を確認

人物の特徴を記録しておけば、名前と顔が一致します。
また、過去の重要な面談情報をサッと面談前に目を通すだけで、スムーズに商談は進み、成約率も高まります。

パソコン画面

PC日報入力

簡単入力な営業日報

施設名はもちろん、人物名からも簡単検索で入力はスピーディーに進みます。
毎日入力する営業日報に時間をとられずにすみます。

PC営業推奨地域Map

訪問期間の空いた地域を表示

しばらく訪問していない施設の多い地域を地図で表示できます。
翌日の営業ルートの検討に役立ちます。

SFAとは?

SFA(Sales Force Automation)は、顧客情報や現時点の案件の進捗、営業活動の記録など、営業活動に関わる情報をデータ化して活用することで、営業の生産性・効率性・成約率のアップをはかることを目的とした情報システムです。
管理者が営業パーソンの営業進捗状況を把握することを重視するシステムや、現場の営業パーソンをサポートすることを重視するシステムなど、様々なシステムがあります。

SFAとCRMの違い

SFA(Sales Force Automation)とCRM(Customer Relationship Management)は、顧客情報などを共通して扱うため、混同して用いられることが多いですが、両者には違いが存在します。
→ 詳細はこちら

企業がSFAを必要とする理由

多くの中小企業の経営者の方は、SFAを導入する価値があるかどうか迷うのではないでしょうか。
ここではSFAが新規顧客の開拓を継続し、既存顧客からより多くのビジネスを生み出すことを可能にし、企業にはSFAが必要な理由を上げていきます。
1. 機会損失
人間は完璧ではありませんから、営業担当者が潜在顧客とのすべてのやりとり、締め切り、アポイントメントを覚えているとは思えません。
営業活動を一元的に管理するシステムがなければ、コンタクトを逃してしまいます。
営業担当者にとって、粘り強さは必要な要素であり、潜在顧客へのフォローアップを管理できるツールを導入することは非常に重要です。
2. 優先順位付け
ビジネスにおけるすべての潜在的な案件を簡単にリストアップできるツールがなければ、営業担当者はどのように時間を使うのが最適なのかを選択することができないでしょう。
案件の重要度を示す指標があれば、営業担当者は時間を有効に使って、重要案件を追跡することができます。
3. 迅速な案件状況説明
営業担当者には、全体の営業状況を管理する上司に説明する責任が生じます。
SFAツールを導入すれば、営業のプロセスのどのステップに案件があるか、どのような案件で顧客獲得に成功したかを確認・説明が容易になります。
4.情報の共有
営業担当者が、顧客との過去のやり取りやビジネスの最新状況を良く理解していれば、その情報を共有することで全体の営業プロセスが改善される場面は数多くあります。
ビジネスの環境は逐一状況が変化するため、SFAは最新の情報を共有することための重要なツールになります。
また、退職した社員や病欠した社員が抱えていた案件に他の社員が対応する際にも、SFAツールは効果を発揮します。
5.働き方改革
働き方改革「働き方改革関連法」は大企業ばかりではなく、中小企業にも2020年4月から適用され、従来の長時間労働、気合・根性の精神論といった従来の営業手法から、効率化を進めた営業手法への転換を迫り、営業担当者は労働時間の削減を進めつつ、販売目標を達成しなければならなくなりました。
「働き方改革関連法」では企業が従業員に対して規定の上限を超えた時間外労働(残業時間)を従業員にさせた場合、罰則が設けられています。
これまでの営業職だからといって社会的にも容認されてきた長時間労働を前提にした従来の営業スタイルと意識の変革が迫られているのです。

中小企業にこそSFAは必要

限られた人材で企業活動を行っている中小企業では、人員の入れ替わりは大きな負担になることがあります。
中小企業が安定して成長していくためには、属人的な営業スタイルからの脱却が不可欠なのです。
SFA(営業支援ITツール)は、その不安定な従来の営業スタイルから抜け出し、安定成長していくための一助となります。
ただし、中小企業がSFAを導入するにあたって、大企業が導入するのとは違った注意点があります。
1.導入にあたっての初期費用を含めたトータルのコスト
2.機械類の操作に不慣れな営業パーソンが使いこなせるか
3.運用にあたって営業パーソンの作業負担にならないか
4.人員変更に柔軟に対応できるか
5.サポートは十分あるか
以上をふまえたうえで、SFA導入を検討していくことが重要となります。

顧客情報を地図とリンク

営業ツール「Sugar Spot」は顧客情報・名刺情報・営業日報といった重要情報を地図とリンクさせ、スマートフォンを活用することで、現在地から近い顧客施設情報の確認をワンタップで確認することができます。
時間に追われる営業パーソンが得意先訪問直前にすばやくチェックできることは、営業時間の最大活用化をはかるうえで、非常に重要なことです。
これをパソコンを起動して、検索して、とやっていては、得意先を巡回するにあたって大きな時間と機会のロスにつながります。

営業日報を営業ツールとして活用

営業日報は、営業の成果や売上目標への到達までのプロセスを上司に伝える報告としての側面をもちます。
と同時に、得意先訪問直前に確認することで、営業成果を最大限に上げるための武器にもなりえます。
しかし、営業日報はExcelや紙などで報告のみが行われ、書きっぱなしの状態が散見されることも少なくありません。
そこで弊社は、営業日報の売上成果を最大限に上げるための武器としての側面に着目し、「得意先訪問直前にすばやく重要な情報にアクセスしたい」という営業パーソンの声を取り入れ、スマートフォンを使って過去の営業日報をすばやく確認できる営業ツールとしてSFA「Sugar Spot」を開発しました。
ITツールを上手に使うことで、売り上げの向上、営業パーソンのレベルの底上げ、確認漏れミスを防止することによる顧客の信頼獲得という様々な効果が期待できます。

本当に必要な機能に絞った営業ツール

SFA「Sugar Spot」には、無駄に入力項目が多い営業パーソンの負担になる機能はついていません。
無駄に入力項目が多いSFAは営業パーソンのためのツールではなく、営業管理者のためのツールになっているため、営業パーソンはその入力に忙殺され、逆効果、売上アップにつながりにくくなってしまいます。
しかし、その日の営業活動の報告である日報は、忙しい営業パーソンであっても毎日入力するはずです。
営業パーソンがいつも報告だけのためにつけていた日報が、SFA「Sugar Spot」ではその営業パーソンの営業活動の武器になるのです。
他社のSFAにありがちな「営業パーソンが面倒、Excelじゃダメなのか、といって入力してくれない」、「SFAを導入してみたものの、入力コストが高く(入力に時間と手間をとられるため)、結局定着せずに顧客情報が古いままで更新されず使い物にならない」、そんな悩みは解決します。
それは、営業パーソンのための、営業パーソンが欲しかったもの、そこから生まれたのがSFA「Sugar Spot」だからです。

料金表

初期費用

0

お試し期間

30 日無料

月額費用

1,500 円(税抜)/1名

※月額利用料金ですべての機能がご使用いただけます

※名刺登録代行を承る場合は1枚につき50円(税抜)となります

導入の流れ

STEP1

デモサイトやお使いのスマートフォンで動作確認

ご不明点はお気軽にお問合せください、担当者が丁寧にご説明いたします

矢印

STEP2

申込書の郵送

申込書をご記入・ご捺印のうえ、お試し期間からご利用される方の登録情報をご記入のうえご郵送ください

名刺の登録代行させていただく場合は名刺のコピーも弊社まで郵送ください(任意)

矢印

STEP3

ご利用の案内の送付

使用開始するためのURLのご案内や初期パスワードの交付いたします

矢印

STEP4

ダウンロード

スマートフォン:専用アプリのダウンロード

パソコン:指定のURLにアクセス(ブックマークにご登録下さい)

矢印

STEP5

無料お試し期間

全ての機能を30日間無料でお試しいただけます

矢印

STEP6

正式導入

無料お試し期間経過後、正式導入が開始します

お試し登録したデータをそのまま引き継ぐことができ、再登録の必要もございません

また、パソコンから簡単にご利用いただく方の追加もできます

名刺の登録代行依頼はパソコン・スマートフォンアプリから行えます

サポート体制

メール

メール

電話

電話

※正式導入後はもちろん、無料お試し期間中も、全てのサポートを無料で制限なく行っております

※電話サポートの受付時間は平日9:00~18:00となります

お問い合わせ

FAQ

Q.

最低利用期間はありますか?

最低利用期間の設定はございません。

Q.

最低利用人数はありますか?

1名からご利用可能です。

Q.

サポートを受けるのに費用はかかりますか?

正式導入後はもちろん、無料お試し期間中も、全てのサポートを無料で制限なく行っております。

Q.

パソコンやスマートフォンの操作に慣れていなくても大丈夫ですか?

簡単に利用できますのでご安心ください。

Q.

ソフトウェアをインストールする必要はありますか?

パソコンでは、専用ページにログインして行っていただきます。
ソフトウェアをインストールする必要はなく、インターネット環境だけで利用することが可能です。
スマートフォンの場合はAndroidスマートフォンではGoogle Play ストア、iPhoneでは App Storeから専用アプリ「Sugar Spot」をダウンロードしていただき、ご利用いただだきます。

Q.

複数の拠点があるのですが、データの管理を1か所で行うことはできますか?

はい、できます。
どの場所で情報入力しても管理者の方は情報をどこからでも確認できます。

Q.

海外でも利用できますか?

Sugar Spotは日本国内向けのサービスですので、海外ではご利用いただけません。

Q.

データの保存期限はありますか?

面談記録のデータの保存期限は最大3年となっております。
その他の施設情報、顧客情報等にデータの保存期限はございません。

Q.

自分で施設登録や名刺登録は行えますか?

パソコンを使って、ご自身で施設登録やスマートフォンで撮影した名刺のご登録を行っていただくことが可能です。

Q.

名刺登録代行はどのように行えますか?

スマートフォンの専用アプリのメニュー画面から名刺登録依頼をしていただくだけで名刺登録代行依頼ができます。
大量の名刺の登録代行の場合は、郵送で名刺のコピーをいただき承っております。

Q.

営業担当者の変更、追加や担当施設の変更はできますか?

管理者の方でしたら、管理者メニューから営業担当者の変更・追加や担当施設の変更をしていただくことが可能です。

Q.

動作環境を教えてください。

パソコンは OS Windows8、Windows10、Mac OS X 10.10以降、ブラウザ Google Chrome 最新版、Microsoft Edge 最新版を推奨しております。スマートフォンは別途、お問い合わせ下さい。

Q.

日報入力画面での案件ボタンと注目チェックの使い方について教えてください。

案件が現在進行中の場合にオン(黄色)にします。
案件が終了または消滅するまではオンにしたままにします。
顧客ごとに案件が現在進行中であるかどうかや案件進行中の顧客を抽出して確認することができます。
注目チェックは面談記録に注目すべき内容が含まれている場合、目立たせる目的でチェックを入れます。
面談記録内容を見返した時に、読み飛ばしてチェックマークのついているものだけをチェックできます。

Q.

ログインができません。

【よくある原因】
・全角ではなく、半角で入力してください。
・大文字/小文字が正しく入力できているか確認してください。
・管理者に正しく利用者登録されているか確認してください。

Q.

パスワードを忘れてしまったのですが。

管理者の方にパスワードの再設定を依頼してください。

Q.

しばらく訪問していない施設を地図上に表示したいのですが表示されません。

施設情報登録、施設情報変更画面にある、定期訪問施設のチェックボックスにチェックを入れて保存してください。
表示されるようになります。